広島市立大学との提携校であるハノーファー専科大学から講師をお招きし
日常に存在するアトモスフィア(雰囲気、環境)に焦点を当てたワークショップを
11月5日(火)〜7日(木)の三日間にわたり開催いたしました。

講師はSuzanne Koecher(スザンヌ・コエヒャー、インテリアデザイン専攻)
Anke Bertram (アンケ・ベアトラム、インテリアデザイン専攻)

Posted by:cat_hcu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です