本学の現代表現領域博士三年生の魏 双斌(ギ・ソウヒン)の個展が東京のTOHO BEADS STYLE Tokyo Gallery tにて11月2日(金)〜11月23日(金・祝日)まで開催されます。

東京にお越しの際はぜひお立ち寄りください。

Wei Shuangbin Solo Exhibition – Germany Hannover landscape-

魏 双斌(ギ・ソウヒン) 個展 「 ハノーファー山水 」

会期/2018年11月2日(金)-11月23日(金・祝日)

時間/11:00 –19:00 *最終日は17:00まで/入場無料/日・月 休廊

会場/TOHO BEADS STYLE Tokyo Gallery t(東京都台東区柳橋1-9-11)
Gallery-Tのサイトからも詳細が見れます。サイトに飛ぶにはこちらから。

*オープニング レセプション: 11/2 [金]18:00-20:00
*English below
この度、Gallery t では、2018年11月2日(金)から11月23日(金・祝日)まで、魏双斌(ギ・ソウヒン)氏の東京での初個展「ハノーファー山水-Germany Hannover landscape-」を開催いたします。魏氏は、中国文化と日本文化、そこから生じる社会現象における様々なギャップ、差異を表現しています。過去の歴史と現在の社会問題にも積極的にアプローチしながら、日本と中国を取り巻く現象をモチーフに制作活動を行なっています。
本作品群では、魏氏が2017年に広島市立大学芸術学部の交換留学生としてドイツのハノーファー専科大学での生活に中で感じたイメージや景色から着想し、そこへ中国山水画の表現手法を取り込んだ、魏氏独自の表現で”立体山水”を作り上げます。この機会にぜひご高覧くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

Wei Shuangbin Solo exhibition – Germany Hannover landscape-
2018.11.2[ fri. ] – 11.23[ fri., Public Holiday ] 
Open Hours: 11am-7pm *The last day will finish at 5pm
*Closed on Sunday, Monday
Admission Free
Opening Reception: 2 November 2018. Fri, 6-8pm
This time, Gallery t will hold the first solo exhibition “Tokyo Hannover – Germany Hannover landscape” by Mr. Wei Shuang Bin from November 2, 2018 (Friday) to November 24 (Saturday) .Mr. Wei noticed various differences between Chinese culture and Japanese culture, and social phenomena arising from the differences, then expresses it through art. He is continuing to research in this field and actively approaching some issues related with history and current social problems.
In this work group, Mr. Wei conceived from the image and landscape gotten during his oversea studies at Hanover College ;Germany in 2017. Adopting the expression in the method of Chinese Sanshui painting there which is tried by three-dimensional method.
We would like to take this opportunity to thank you for your visit.

Posted by:cat_hcu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です