KISHI KAORU

広島市生まれ、作家。1980年に京都工芸繊維大学工芸学部意匠工芸学科卒業後、家庭に入るが、2010年広島市立大学大学院博士前期課程に入学。2015年同大学院博士後期課程修了。近年の主な個展に「兆し」(Gallery t、東京、2016)、「KINGSTON Fuji」(Toilet Gallery、KINGSTON、イギリス、2014)、「spare-part」(広島芸術センター、広島、2013)。主なグループ展に「家/House」(広島芸術センター、広島、2017)、「かべのあなと地形学」(カモメのばぁばぁ、横川、広島、2014)、「横川商店街劇場2013 横川モンマルトル」(横川、広島、2013)。「核廃絶プロジェクトp-now」絵本制作に参加(広島、2011)。主な受賞歴に2011年「ゲンビどこでも企画公募2011展」秋山祐徳太子賞。
  

“spare-part”      2013   食品(チョコレート、ゼリー)   錦織布   ビーズ   糸   木粘土   ビーズ
ビーズ:H280×W128×D88mm   食品:H68×W90×D58m

“Barrier”   nbsp;  2012   防鳥てぐす   ベビーバギー   H4500×W3500×D4000mm

“ReproductionⅠ”     2017年   背広   ベビー   
背広:H750×W860mm   ベビー服:H530×W480mm

←back