KATO KARIN

1992年東京生まれ。2017年広島市立大学芸術学部彫刻学科卒業。東京を拠点に活動中。近年の活動に「引込線」 (埼玉、blanclass枠、2017)、「みちのく巡礼キャンプ」(岩手、芸術公社、2017)、「二枚の板に挟まれたビー玉のような出来事」(blanClass、横浜、2017)、「第20回広島市立大学芸術学部卒業・修了作品展」(旧日銀行広島支店、広島、2017)、「untitled」(広島芸術センター、広島、2016)、「theo-rein」(広島芸術センター、広島、2016)、「愛でる形」(aetalaGギャラリー、広島、2015)「漂動するかたち」(広島芸術センター、広島、2015)「スクランブルヒロシマ」(旧日銀行広島支店、広島、2014)などがある。

http://999999karin.tumblr.com

“TIME”      2016   ビデオ(3分24秒)   可変

“Just Looking”      2017   インクジェットプリント   No.1 H1800×W600×D20mm   No.2 H750×W600×D20mm   No.3 H650×W900×D20mm

“撮れないと警告するスキャナーと運動する私”       2016   シルバーゼラチンプリント50枚   ビデオ(17分46秒)   可変

←back