DepART!

会期:2012年4月21日〜4月30日
会場:旧加藤海運倉庫1階(広島市南区宇品海岸3丁目12番地付近)
主催:広島市立大学芸術学部現代表現研究室
協力:広島市立大学、広島アートプロジェクト実行委員会
協賛:みなとオアシス広島運営協議会
作家: 内山知美、永田美樹、西岡明朗、大下晶子、下井田麻美、
    新澤望、本間美穂子、金慧英、岸かおる
デザイン:坂本史、 梶木淳子

広島県みなとオアシス広島運営協議会より依頼を受け、現代表現研究室の学生が中心となって企画運営したグループ展覧会。使用されなくなった海運倉庫を会場とし、倉庫を意味する「Depo(仏)、Depot(英)」と「Art」を組み合わせた造語「DepART!(デパート!)」をタイトルに掲げ、現代美術の普及と広島市宇品地区におけるにぎわいの創出を目指した。湾岸の倉庫がもつ通念的なダークサイドに着想を得た映像や普段目にする生活雑貨を素材として構成した立体、原子力放射能から身を守ろうとする本能が投影されたものなど、多岐にわたる表現、現代的な問題意識を反映した作品を展示することで、様々な商品が陳列する「デパート」を喚起させた。観賞者は、週末のウィンドウ・ショッピングに興じる日常的な感覚で作品と対話しているようだった。