HIRANO KAORU

長崎県生まれ、2006年に広島市立大学大学院博士後期課程修了芸術学博士号取得。主な個展に「コイノボリ サカノボリ」(mm project、広島、2017)、「Re-Dress」(SCAI THE BATHHOUSE、東京、2012)、「エアロゾル」(資生堂ギャラリー、東京、2007)、「アレンジメント」(東京日仏学院ギャラリー、2006)、主なグループ展に「交わるいと」(広島市現代美術館、2017)、「Textile Erinnerungen」(tim、アウグスブルグ、2016/LWL、ボホルト、2016)、「服の記憶」(アーツ前橋、群馬、2014)、「DOMANI・明日展」(国立新美術館、東京、2013)、「A BURNT-OUT CASE?」(NGBK、ベルリン、2012)、主な受賞歴に「2010年度ポーラ美術財団若手芸術家の在外研修助成」「2009年文化庁新進芸術家海外研修制度」(ベルリン芸術大学Christiane Möbusクラスにて研修)、「2008年ACC日米芸術交流プログラム」(ISCP、ニューヨークにて研修)、「第1回shiseido art egg賞」(2007年)など。http://www17.plala.or.jp/hiranokaoru/

Installation view at tim| State Textil and Industry Museum Augsburg
Photo by Felix Weinold

“untitled -red NIKE-”      2009    スニーカー    サイズ可変
Photo by Felix Weinold

“sphere”       2012   Tシャツ チノパン トランクス 靴下(右) 靴下(左)   直径各10cm 16cm 9cm 5cm 5cm
Photo by Felix Weinold

“web #7″       2016   着物   直径ca.200cm
Photo by Felix Weinold

←back